SSブログ

矢口真里復活か?


スポンサードリンク


レント矢口真里(32)が自らの不倫スキャンダルによる謹慎期間を終え、活動を再開させたのが昨年の秋。以来、ほとんど仕事のなかったことを思えば、今は順調なのだろう。

 9月は「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ)、「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」(朝日放送)のほか、雑誌「小悪魔ageha」にインタビューが掲載。「モーニング娘。OG」として「氣志團万博2015」に出演と、オフィシャルブログで報告している。<私もお仕事をしっかりしなきゃ、この世界で生きていけないのでこれからも頑張り続けます。またひとつひとつ積み重ねていこうと思っています。『死ね』『消えろ』などの、悲しいコメントは人に向けてはいけない言葉だと私は思うので、厳しい意見は聞きますが、悪口はスルーさせていただきます。とゆうか、もう見ないようにします>などと、前向きな心境をつづっている。

 さらに離婚の引き金となった当時の不倫相手、元モデルの恋人について、こう続ける。

<『10年間絶食します。週刊誌には載りません』とゆう発言は、彼を悲しませる行動はとらないとゆうことで、結婚も子供も諦めていませんよ。前にも言いましたが、自分の人生ですから>

 現在の事務所はモー娘。時代と同じアップフロントだ。クビになった元同僚の加護と比べれば、ずっとましだ。

「謹慎明けで『ミヤネ屋』などに出演した際、マスコミを一回りしたら消えるってみられていたんです。ところが彼女はお笑いなど豊富な芸能界の人脈にも助けられ、生き残った。歌が歌えるわけでも演技ができるわけでもないバラエティータレントですが、大したもんです」(芸能関係者)

 話術もないバラエティータレントの最大の武器といえば、私生活である。もうスキャンダルは懲り懲りだろうが、芸能界から消えないためにはそれも必要と言えなくもない。矢口に詳しい関係者にそのあたりを直撃すると、「悲しい運命ですよ」とポツリ。まだまだ風雲急を告げるようなドタバタがあるのか……。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。